気圧と不調の関係性!

よく「最近調子が悪い。気圧の変化?」という言葉を耳にします。

気圧とは字のごとく空気の圧力で気圧が高ければ圧迫、気圧が低ければ開放と言えば少しわかりやすいでしょうか。
もちろん圧力という感覚で人間が感じることはほぼありません。しかし体の中にあるセンサーや組織はその変化を察知していることがあります!

例えば『頭痛』『めまい』『倦怠感』!

人間は気圧の変化を内耳で感知し脳に伝えています!
そのため気圧が下がると血管は拡張し、血管拡張が脳神経の一つである三叉神経に刺激を与え頭痛やめまいを引き起こすと言われています!
また、血管系には自律神経も関りがあるため、気圧の変化に伴い自律神経にも影響が出るのでしょう。

そして同じように耳にするのが『古傷が痛む』『節々が痛む』です!

気圧低下により自律神経が活性化され、ヒスタミン(炎症反応を促進させる物質)が過剰に合成されるためだと言われています!

改善方法は様々ですが、共通することは『自律神経』が影響するということです!

食事環境や入浴、睡眠など規則正しい生活を心がけ、日頃の生活の中でリラックスできる時間を作るなど自律神経を上手に整えることは非常に大事になると思います!

友だち追加で
【ウォーターベッドマッサージ10分無料クーポン】
プレゼント!

※ご予約、事前相談もLINEからOK!